HOME>記事一覧>すてきなデザインだからこそ、予算案が必要

予算内を意識しよう

千葉でのデザイン住宅づくりでは、提案書(ファーストプラン)をデザイナーから見せてもらう打ち合わせがあります。提案書を開くと、我が家だけど我が家じゃないようなタッチの間取り図やイメージパースがあり、「すてき」というプラスの感情しか起こらないものです。そうした感情からは、「予算アップ」もいとわないケースになる可能性も少なくありません。どうしてもデザイン住宅はデザイン重視となり、選ぶ素材によって一点ものが使われることもあります。プランを詰めていく中で余裕資金の範囲を超えてしまわないようにしましょう。例えば、設備はメーカーにこだわらないほうがコストを抑えられることがあります。安価でも似たり寄ったりのデザインのものを探し出すことは可能です。

デメリットに目を向ける

配線用のダクトをそのまま魅せる仕様で、直線デザインでクールな雰囲気を演出するデザイン住宅もあれば、杉綾という木材の張り方で独特のクラシカルな印象に魅せる住宅もあります。千葉でのデザイン住宅づくりで気をつけるべきは、人気のデザインプランや素材を取り入れたとして、他に目が向かないことです。デザイナーもあえてインダストリアル系のインテリア向きなのに、複数の照明器具をつければ、ホコリがたまりやすいことは口にしないでしょう。床や壁はヘリンボーン張りがすてきなのに、材料のロスが出やすいことは口にしないかもしれません。了解の上で採用したいもので、できるなら、気に入るデザインのメンテナンスについてしっかり聞いておくのがいいでしょう。